スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セネガル協力隊派遣30周年式典

10月27日 ダカールで協力隊派遣30周年式典に出席してきた。

30年前からセネガルには協力隊が活動していたんだと思うと
ちょっとした歴史を感じます。

PA271710.jpg

式典にはそれぞれのボランティアの上司やカウンターパート
セネガルのお偉いさんなどなどいろいろな人達が出席していた。

PA271706.jpg


会場には浴衣やセネガル衣装で出席した。

PA271708.jpg


会場の中にはそれぞれの文化会によるブースを設置。
この式典のためにそれぞれボランティアが頑張って用意してきた出し物を展示した。

PA271703.jpg

農業会では
・俺が家で育てたマンゴー、カシュー、レモンの苗木
・モロヘイヤ、トウガラシで作った自然農薬
・バイオトイレ
・学校菜園の紹介
・任地での活動記録 
などを展示した。



PA271700.jpg

村落会では
・改良かまどの模型
・ハチミツ
・マイクロクレジットの説明
・改良水かめの紹介
などなど



PA271745.jpg

お魚会では
・日本の食卓
・実物の魚
・たこつぼ
・海岸清掃活動紹介
などなど



PA271742.jpg

医療会では
主に5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)の説明・紹介



PA271741.jpg

教育会では
・学校での活動紹介
・生徒が作った手形作品
・教育マニュアル
・セネガル体操披露
・ムービーの上映など



PA271740.jpg

さらにリンゲール隊員によるカンクン(空芯菜)の紹介・試食
カンクンの栄養改善ムービーなどの上映を行っていた。


PA271744.jpg

準備や片づけが大変だったが、それぞれいろいろな隊員によるブースはセネガル人だけでなく、
ボランティアにとってもとても有意義で楽しいものだった。
スポンサーサイト

登場!果樹おじさん

ニオロからさらに南にあるガンビアとの国境沿いの町
メディナサバへ行ってきた。
ここには村落隊員と野菜隊員の2人がくらしている。

以前にその2人の隊員と話していた時に
ジャムおじさん・・ではなく果樹おじさんなる人の話を聞いており
その果樹おじさんの家の苗畑がすごいらしいので見に行った。

PA141534.jpg

ニオロ近辺で行っている地域苗畑に比べて
種類も数もかなり多い。。


PA141535.jpg

そしてこの人が果樹おじさん。
すこし話した程度だが、とてもいい人という感じを受けた。


PA141536.jpg

ただ育てるだけじゃなく接ぎ木も行っていた。
そして後日、接ぎ木の技術指導も行ってくれるとの事。

ちょうど地域苗畑でも果樹を育てはじめ、残りの1年間の活動を果樹主体でやっていきたい
と思っていたので、自分にとってこの果樹おじさんは心強い助っ人になりそうです。


その後、メディナサバの隊員と一緒にジャワラ村に行った。

PA141541.jpg

ここの村では稲作を行っている。

PA141539.jpg

他の村などでは、利益の低いゲルテ(ピーナッツ)を大量に作って売って、
そしてそのお金で米を買ったりしている。。
だったら最初からこの村みたいに、米を作ればいいじゃん!と思うが、、
やっぱり稲作できる場所は限られているし、それに手間のかかる稲作に比べ
広い面積でいっきに栽培できるゲルテの方が割にあう時がある。
難しいもんです。。




PA091521.jpg

ちなみに今現在のバオボロン川。
冠水してて道がぐっちゃぐっちゃ
しかたないから、濡れながらバイクを押して通過。
バスやトラックなどの大型車は足止め状態。

PA091527.jpg

そんな時バオボロン近くの俺の活動村の女性達は一生懸命ゲルテを煎っていた。
「そのゲルテどうすんの??」と聞いたところ
「バオボロンで足止め食らっている人達に売るんだ!」との事。。
いやはやたくましいもんです。。

任国外旅行 Cabo Verde編 (4)

サオビセント島、サントアンタオ島に行った後
帰るために空港のある島に戻ってきた。

最終日、旅行の疲れも出てきているが近くに世界遺産があるらしいとの事
なので行ってみた。

P9261513.jpg

過去、奴隷貿易が行われていた港街。

P9261510.jpg

丘の上には城。

P9261511.jpg

意外と急な坂道のせいで、バテる3人。

P9261512.jpg

世界遺産なのにやっぱり観光客がいない。
すると係りらしき男の人が近寄ってくる。
その人の話だと、今日は1か月に1度の入場無料の日らしい。
普段は500円かかるが、今回は無料で入れた。
不思議なことに、はっしーと一緒なのに運がいい。

P9261517.jpg

当時の砲台。
いくつかあるうちの一つにだけ砲弾が入ったままになっている。
もしここに来たら探してみると面白いだろう。

P9261518.jpg

やっぱり景色はすばらしい。
こんなに景色に感動するのは、平坦な土地のセネガルに暮らしているせいだろうか

とにかく大満足な任国外旅行だった。
あと1年、なんとか頑張れそうです。

P9261519.jpg

任国外旅行 Cabo Verde編 (3)

カーボベルデ3つ目の島「サントアンタオ島」
この島はほんとにすばらしいかった。
この感動は写真では伝わらないと思うが、いつもより写真大きめでご覧あれ。

1時間くらいの船旅のあと、とりあえず島の反対側を目指した。
そしてついた街が「ポント・ドゥ・ソル」
何度も言うがほんとに落ち着いた雰囲気のいい所。

P9241470.jpg

その後、山に沿って作られている道を通って近くの村に行った。

P9241475.jpg

上にあがるほど絶景に。

P9241484.jpg

道の横は断崖絶壁

P9241477.jpg

歩いて1時間くらいで村に到着
ほんとによくこんなところに住んでいるなぁと感心させられる。

P9241483.jpg

村に1件だけの店
それでもお土産を売っているところがすごい。。
それよりも、こんな島国のさらに奥地まで電気や道などの
インフラが整備されていることに驚いた。。
道端で子供がPSPをやっているのにも驚いたが・・
とにかくカーボベルデのインフラのレベルはすごい!
セネガルもすこしは見習ってほしい。

P9241486.jpg

歩いているといたるところに滝
この島は今は雨季らしく、現地の人が携帯で滝の写真を撮っているのをみると
普段はこの場所に滝はないらしい。


ポント・ドゥ・ソルで1泊したのち、最初の港街に戻ることに
帰りのルートは行きで来た道ではなく、山の中を突っ切るルートで戻った。

P9251498.jpg

この帰りのルートを選んで正解だった。
とにかく絶景!
いちいち絶景!

P9251500.jpg

マチュピチュみたいだ。
行ったことはないが・・

いままで数多くの海外旅行経験者のはっしー曰く、、
「今までで一番かもしれん・・」との事。
旅行といっても観光名所やレジャーがあるわけでもないのに
景色だけでここまで楽しませてくれるカーボベルデはすごい!

P9251505.jpg

極めつけは、これでもかといわんばかりの見事な虹。
写真で伝わりきらんのが残念だが・・
いつもはそんなに、はしゃがないみっきー曰く、、
「どんだけ楽しませてくれるのカーボベルデ!」
ほんとにその通りだと思う。。

任国外旅行 Cabo Verde編 (2)

カーボベルデはいくつかの島々からなっており、
次の島「サオビセント島」へ飛んだ。

サオビセント島へは、十数人くらいしか乗れない小型機で行った。
あまりに小さい飛行機で、なんせコクピットが丸見え。。
普段見ることができない操縦席からの景色も楽しめた。

P9221437.jpg

天気も晴れ景色最高。

P9221439.jpg

だいたい1時間のフライトで到着。
到着した空港は新しくて、とにかくきれい。
日本の地方の空港よりもすごいんじゃないかと思うくらい立派な空港だった。
他の観光客がほとんどいなくてほんとに快適

P9221440.jpg

飛行機に積み込んだ荷物を待っているとき、はっしーの荷物だけなかなか出てこない・・
このはっしー、同期のみんなと御飯を食べに行ったとき何故かいつもはっしーの料理だけ出てこないとか、
今回の旅行でもダカールの飛行場に向かうタクシーの中に携帯を忘れたりと、過去いろいろな伝説を生み出しているはっしー

冗談で「はっしーの荷物だけロストしたんじゃない?」とかいっていたら、ベルトコンベアーが
止まってしまい、ほんとにはっしーの荷物だけ出てこなかった・・
「さすがはっしー、期待に応える男」とか思っていたが、本人は笑えないようだった。

結局、荷物は奥に詰まっていたらしく本人も一安心。


P9221441.jpg

その後泊まるところを探し、昼から一杯することに。
カーボベルデのビール「STRELA」
セネガルのビールよりも俺はうまいと思う。

P9231447.jpg

島国といえばやっぱり海!
むっちゃきれいなビーチにテンション
何度も言うがほんとに観光客がいないのでプライベートビーチ。

P9231444.jpg

夕飯は伊勢えび
メニューが解読不能だったのでとにかく伊勢えびの名前が付いている料理を
片っ端から頼んだ。
とにかくうまい!バターライスとの相性も抜群!ビールもうまい!
これだけでも来たかいがあったと思う。


P9241458.jpg

そして船に乗り、次の島「サントアンタオ島」へ

P9251508.jpg

任国外旅行 Cabo verde編 (1)

9/19~9/26日の間に任国外旅行に行ってきました。

場所はセネガルから西にある島国「カーボベルデ」
セネガル来るまで名前さえ知らなかった国である。

P9201396.jpg

とにかく一番思ったことは、

道端にゴミが無い!
街並みがきれい!
街行く人が落ち着いている!

つくづく住む環境は大事だなって思った。
こういうところで生活したいなとどんだけ思ったか・・

P9201399.jpg


市場に行っても、こっちの人はセネガル人みたいにガツガツ来ないから
久しぶりに落ち着いて買い物ができた。
とは言っても、セネガルから近いだけあってセネガル人の商人も結構いて、
セネガルの物も売っていた。

カーボベルデは公用語がポルトガル語なので話していることが全く分からない・・
そんな時にウォロフ語が通じるセネガル人に会うとちょっとした親近感がわく。。

P9201404.jpg


市場をさらっと見学したのち昼御飯を屋台で食べた。
メニューは「カチューパ」
ごはんにマメと鶏肉のソースをかけたもの。
日本円で約120円。
安いけどうまい!

とにかく物価が安くて助かった・・
なんせ、持っていったお金を両替しようとしたら
「カビが生えている汚いお金は両替できません」的なことをいわれ
結局半分ぐらいしか両替できなかったからです。

P9201402.jpg


とにかく、すべてのちょっとした事にいちいち感動してしまう。
日々の活動も大事だけど、息抜きに楽しむことも重要ですよね。。

P9201403.jpg

その後、車で島の反対側の町に行くことにした。
移動もかなり快適だった。

P9211425.jpg

街の名前はタラファル

P9211421.jpg

海辺の町で
シーズンオフなのかもともと観光客が少ないのか
とにかくとても落ち着いた雰囲気のいいところだった。


P9211422.jpg
海岸には、デジカメも顔認識するほどの彫刻。

P9211417.jpg
ちなみにこの海岸はウミガメの産卵場所らしい。
その時期になると観光客も増えるのかな。。

久しぶりに海で遊べて楽しかった。
落ち着いた雰囲気にとにかく癒されました。
P9211410.jpg

プロフィール

asakoh

Author:asakoh
協力隊として2009年9月から
セネガルのニオロで植林隊員として活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。