スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨季の村人


雨季になって雨が降ると今までの景色が一変する。


P7181308.jpg

いままで、砂しかなかったのに今では一面青々とした景色に。

P7181314.jpg

この時期は村人総出でゲルテ(ピーナッツ)の栽培をはじめる。


下の写真はカシューナッツを作っているところ。

P7181310.jpg

カシューの種に火を入れたのち、殻を取る。

P7181311.jpg

このカシューナッツ、首都やカオラックではよく見かけるがニオロでは
あんまり見ない。。


P7181312.jpg

結構おいしくて、食べると病みつきになる。


最近は植林の活動として、村にポットを配ったり、
毎週行われる曜日市場に行って、捨てられている
マンゴーの種を回収・配布したりしている。

なので改良かまど作りは、休業中だが・・
村人が「材料くれれば自分達で作るから材料をくれ!」
と言うので、材料をあげた所、、
自分達だけでかまどを作ったらしいので見に行った。

すると驚いた事に2つのかまどを作っていた。

P7181317.jpg

大きい鍋用と小さい鍋用の2種類だ。
前々から小さいのも欲しいと言われていたが、、

今までボランティアが一緒にいないと作ろうとしなかったのに、
今回村人達だけで、しかも小さいかまどまで作っていたのは、正直驚きだった。

P7181316.jpg

小さいかまどもなかなか可愛らしい出来ですな。。

小さい改良かまど・・小さいかまど・・ちいかま・・チーカマ?
あぁ・・チーズかまぼこ食べたい。。


スポンサーサイト

曇りのち雨ときどき虫


以前に紹介した事もある、学校給食用の大きいかまど。
通称「でかまど」


P3031021.jpg





・・ですが。







P6291303.jpg


今では無残な姿になり果てました・・



ショックです・・。

村人の話では、雨で壊れたとか・・。
だが明らかに打ち壊した形跡が・・

たぶん思うに、雨で多少壊れたとは思うが、かまどのあった場所に落花生の畑を作るためにジャマだったのだろう・・
この時期は畑にできる場所は徹底的に落花生畑にするとは聞いていたが、かまどを除けてまで作る必要ある??
なんともやりきれない思いです。。

次回から作る場所はよく考える必要があるなと痛感した。




下の写真は以前に紹介したことがある、赤ちゃんSalif

P4121116.jpg






・・ですが。




最近亡くなったそうです・・
かなりショックです・・

もともと体が弱かったらしいが・・
それでもこっちの人は俺ほど悲しんではいないみたいだった。
死んでしまったのならしょうがないという感じだ。
日本では医療が発達していて乳幼児死亡率はかなり低いのだと思うが、
こっちでは弱ければ死んでしまう。
これが本来の姿なのかもしれない。
でもやっぱり悲しいもんです。


それを察してか知らずか、新しく生まれた赤ちゃんにまた俺の名前をつけてくれた。


P6291305.jpg

この子は元気に育ってほしいね。


ちなみに最近健康診断がありました。。
その結果、お腹の中に虫を飼っているらしい・・


地味にショックです・・


面倒だけどクスリを飲まなきゃな・・


なんか曇天な気分だ・・



雨季が来る

最近、雨も多くなってきて
いよいよ雨季到来って感じです。

なので村では、畑作業と苗畑づくりを行っている。

P6271297.jpg

主に行うのはユーカリ栽培。
下の写真のように、ユーカリの枝を天日に干しておくことで
実が割れ、中の種が下のビニール上に集まる。

こうやって種を収集する。

P6271300.jpg

今年から地域苗畑に果樹を導入する予定なので
とりあえず、苗畑管理者にカシューの種を渡した。
他にもこの村の女性グループが以前に「私達も苗畑をやりたい!」
と言っていたので、ポットとオレンジ・カラソルの種を渡した。

この場合、種とポットのお金を請求するのが普通だが、
「今回だけは無料であげる。それに今回の果樹苗畑がうまくいったらまた協力するけど、うまくいかなかったら協力しないかもよ。。ちなみに次回からはお金を請求するからね。だから苗畑で稼いだお金はちゃんと残しておいてね。」
的な事を言っておいたが、うまくいくかどうかは心配です。。


P6271299.jpg

とりあえず、果樹苗畑がうまく行く事を願いたいです。
そのためには、果樹用のポットの確保、種の確保、果樹栽培技術の普及が必要だ。

特にニオロには、果樹の種があんまり無いのよね・・
種の確保が一番の問題かもしれんなぁ。。

うまくいくかなぁ。。
プロフィール

asakoh

Author:asakoh
協力隊として2009年9月から
セネガルのニオロで植林隊員として活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。